ゼミ⑥

アドリブ大學 × 『ソトコト』

 

社会貢献活動ゼミ

「持続可能な関係人口のはなし」

 

「関係人口」というワードが少しずつ知られてきた2020年。

観光でもなく移住でもない距離感で、地域と関わる人たちが着々と増えています。でも、実際のところどうなっているの?多様に進化する実態を紹介します。

 

▶︎イベント概要

と き:令和3年1月13日(水) 19時〜20時半

ところ:美馬市脇町大字猪尻字若宮南131-2 ADLIV

 

▶︎プログラム詳細

19:00〜 ゼミ開始

20:15〜 質疑応答

20:30〜 クロージング

▶︎[指出一正/さしで・かずまさ]

 『ソトコト』編集長

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、奈良県「SUSTAINABLE DESIGN SCHOOL」メイン講師、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」メイン講師、秋田県湯沢市「ゆざわローカルアカデミー」メイン講師、福島県郡山市「こおりやま街の学校」学校長、岡山県真庭市政策アドバイザー、富山県「くらしたい国、富山」推進本部本部員、群馬県「群馬県過疎有識者会議」委員、上毛新聞「オピニオン21」委員、栃木県宇都宮市「カマクリ協議会」委員をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。国土交通省「ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会」委員。総務省「過疎地域自立活性化優良事例表彰委員会」委員。農林水産省「新しい農村政策の在り方検討会」委員。UR都市機構URまちづくり支援専門家。内閣官房「ふるさと活性化支援チーム」委員。内閣官房水循環アドバイザー。林野庁「森林空間を活用した教育イノベーション検討委員会」委員。BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」監修。2025年大阪・関西万博日本館クリエイター。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。

 

人数:20名程度

参加費:無料

  • Facebook

Copyright © ADLIV All Rights Reserved.